ArtLibrary.net – アーティスト、絵画、彫刻、より多くのあなたのオンラインリソース!

このウェブサイトは、すべての印象派の絵画、現代絵画、ルネッサンス絵画など、最高級の芸術家、の膨大なコレクションを提供しています。また、すぐに利用できる私達の何百もの中から特定の絵を見つけることができますGoogleの検索オプションを使用しています。

現代絵画

現代アートの絵画は、今日まで広く第二次世界大戦後の年をカバーしています。現代美術絵画のスタイルは、多くの異なる芸術運動全体で大きく異なります。この記事では、現代美術の主要な芸術運動をカバーし、それらが相互にリンクする方法を説明します。

1950年代と1960年代からの主要な現代美術の時代の中には、抽象表現主義、ポップアート、ネオ·ダダ、ミニマリズムとニューヨークの学校が含まれています。この時代から有名なアーティストがアンディ·ウォーホル、カンディンスキー、ロイ·リキテンスタインとジャクソン·ポロックを含みます。

キュービズム&フォービズムの以前の芸術運動は、これらの新しい技術の方向性の多くは一部のインスピレーションされていると考えられています。 1960年代には、現代文化の始まりを表現し、現代美術は、それの重要な部分でした。伝統的な技術は、今で軒並み人気と尊敬を得ていたこれらの新しい現代的なスタイルで主流に参加しました。

私たちは、ムンクの絵画、ゴッホの絵画やセザンヌの絵画をお勧めします。

抽象絵画

抽象芸術は世界の視覚的な参考文献からの独立の程度と存在していてもよい組成物を作成するフォーム、色と線の視覚的な言語を使用しています。

ゴッホ、セザンヌ、ゴーギャン、スーラなどと画家の遺産は、抽象絵画の発展のために不可欠でした。抽象アートシーンの他の重要な要素は、ロシアの前衛的な、バウハウスとミッドセンチュリーアメリカでした。

ワイマール、ドイツにおけるバウハウスは、ヴァルター·グロピウスによって1919年に設立されました。指導プログラムの基礎となる考え方は、織りやステンドグラスのアーキテクチャと絵からすべてのビジュアルやプラスチック製の芸術の団結しました。

この哲学は、イングランドとドイツWerkbundでアーツ·アンド·クラフツ運動のアイデアから成長していました。教師であったパウル·クレー、カンディンスキー、ヨハネス·イッテン、ジョセフアルバース、グスタフ·クリムト、アンニアルバース、テオ·ヴァン·ドースブルフとラズロモホリ=ナジのうち。

モダンアート、表現主義、キュビスム、抽象化、シュールレアリズム、そしてダダの主な動きは、ニューヨークで表現された1940年代初期によって:マルセル·デュシャン、フェルナン·レジェ、ピエト·モンドリアン、ジャック·リプシッツ、マックス·エルンスト、アンドレ·ブルトン、わずかの数でしたニューヨークに到着した亡命ヨーロッパ。お気に入りの抽象芸術の絵画のために、常にVaultを使用します!当社の抽象絵画の品質は、業界で比類のないです。

印象派の絵画

フランスの印象派の運動に関与する有名な芸術家はフレデリック·バジール、ギュスターヴ·カイユボット、メアリー·カサット、ポール·セザンヌ、ドガ、ギヨマン、エドゥアール·マネ、モネ、ベルト·モリゾ、カミーユ·ピサロ、ピエール=オーギュスト·ルノワール&アルフレッド·シスレーが含まれます。

モネ、シスレー、モリゾ、およびピサロは自発性、日光、色の芸術の彼らの一貫した追求で、 “純粋な”印象派と考えることができます。彼は色の上に描画の優位性を信じ屋外塗装の練習を軽視ようドガは、このの多くを拒否しました。

ルノワールは、1880年代に時間の印象派に背を向けて、完全にそのアイデアに彼のコミットメントを取り戻したことはありません。エドゥアール·マネは、グループのリーダーとして彼の役割にもかかわらず、色として黒の彼自由な使用を断念したことがない、と印象派展に参加することはありません。

彼はスペインの歌手が1861年に2級の金メダルを獲得したサロンに彼の作品を提出し続け、彼は同様に行うために他人を促し、評判が作ることができる「サロンは戦いの本当の分野である」と主張します。

ルネサンス絵画

ルネサンス絵画は中世とバロック芸術の技術とヨーロッパの美術史の期間を埋めます。この時代の絵画は、古典古代の「復活」(フランス語でルネッサンス)、アーティスト、彼らのパトロン、新たな芸術的感性と技術のヒューマニズムの影響、及び、早期に中世期から一般的には、移行に接続されています現代。

アルブレヒト·デューラーのようなアーティストは、北ヨーロッパに知的·芸術的革新の同様のレベルをもたらしながら、フィレンツェとローマのレオナルド·ダ·ヴィンチ、ミケランジェロやラファエロを中心とした簡単な盛期ルネサンスは、イタリアの成果の集大成でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *